JEVo6zWkokLnUUVCntFAeMjOqwp00mANoo8y84VBEkk

THROPUS 1st EP『NAKED』

発売日:2014年9月24日
販売価格:¥1,000(plus tax)

1st EP「NAKED」収録曲
01. Summer jacket
02. Vulture
03. Emporio
04. Captain song
05. Blitzkieg midnight
06. NAKED

発売元:satomi newtown recoreds
品番:STNT-001

assocbutt_or_amz._V371070157_

diskunion

tower

hmv

 

 

 


drumkan、旅団などのメンバーによる、電脳系New Waveバンド『THROPUS』待望の1st EP!

­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­

2010年、オカリフミ(ex.hunchback、weket)、ラ(ex.hunchback、ex.旅団、FROITO)、 ピカイチロウ(FROITO)、drumkun(ex.drumkan)で結成。ライブではバンドのアイコンで あるPING­WOO 3Dを加え、視覚と聴覚を刺激するエンターテインメント性を帯びた実験的なステージが話題を呼ぶ。

2012年にはchoir touched teras chordとの共同企画「The Golden Evidence」を渋谷O­-nestで 開催。野外イベント「口笛キャンプ」に2年連続で出演するなど、野外レイブやアートスペースなど様々なイベントでライブを重ね、予てよりアンダーグラウンドシーンで注目を集め続けている。これまでの共演者は、Qomolangma Tomato、foxclub(ex.OCEANLANE)、miaou、season、nego、MAKKENZ、DOTAMA、笹口騒音ハーモニカ、水曜日のカンパネラなどジャンルを超えて多岐に渡る。

満を持しての初音源となる今作は、自主レーベル「satomi newtown records」からのリリースに加えて、バンド自らによるサウンドプロデュースという意欲作。所謂、70年代のN.Y No waveやNew Wave/Post Punk、US Indie Rockからの影響を多分に受けながらも、エレクトロな躍動感とプログレッシブな展開を現代の感覚で融合させた、一筋縄ではいかない独自のオルタナティブサウンドを展開する。

硬質で鋭角的ながらもトリッキーな2本のギター、独特のうねりを生むベース、疾走感を損なわないタイトなドラムのビートが渾然一体となり、緩急自在なバンドのグルーヴを浮き彫りにする「Summerjacket」(M­1)をはじめ、Q AND NOT UやFaraquetなどの00年代dischord にも通ずるメロディアスながらもフックの効いたリフから一変、豪快な極太ベースとダンサブルに跳ねるドラムがポリリズミカルに楽曲を撹拌していく「Vulture」(M­2)など、メンバーの音楽キャリアと解釈による様々なジャンルの要素やアイデアがエネルギッシュに詰め込まれている。

シンプルに音を削いだミニマルな変拍子反復ビートから、ダイナミックなバンド アンサンブルへと広がる「Emporio」(M­3)では、閉塞感からの開放をバンドサウンドとして 具現化・血肉化する彼らの本質を表現。極彩色の電脳New Wave/Post Punkナンバー「 Captain song」(M­4)は、ハイボルテージで奔放に弾けながら高揚感を煽るスペーシーなシンセサイザーが特徴的。痙攣サウンドの奇天烈シンセサイザーとキャッチーなギターが光る、Electro Punkなショートチューン「Blitzkrieg midnight」(M­5)は、ひかりTVアニメ 「ミッドナイト☆アニマル」のOPテーマとして起用。表題曲の「Naked」(M­6)では、 23skidooを彷彿とさせる民族的でアグレッシブなリズム、呪術的なフレーズで地を這うベー スとパーカッシブなカッティングギターにインダストリアルなノイズ音などをジャンクに詰め込み、アバンギャルドに満ちたダンスミュージックとしてプリミティブに帰結する。

わずか22分の尺に詰め込まれた情報量から垣間見えるメンバー個々の強烈な個性の鬩ぎあいと、緊張感と開放感を持ってして生まれたイノベーションサウンドが遺憾なく発揮された待望のデビュー作。フリーフォームなオルタナティブを追求しながらも、決して恣意的では 終わらない全6曲を収録。

TEXT:masato shimoji